20代でもアパートオーナーになれる驚異の不動産投資法
1棟買うまで完全永久メールサポート付き、20代不動産投資法【特別版】

物件の資料請求は下記のサイトがオススメです。

これからは、自分の資産は自分で守る時代。資産運用を制した者が、勝ち組への階段を登ることができる時代です。当サイトでは、そんな資産運用の手段の一つである不動産投資について解説していきます。利益を出せる不動産投資物件の見つけ方、不動産投資情報をお送りします。

まず、不動産投資になくてはならないものとは。。。
そうですっ!まずは物件を買うところが、何よりも大切です。

当り前ですね。

不動産投資の成功の90%以上は、物件の購入時に決まります。
まずは何はともあれ物件購入に最大限の努力が必要です。


投資物件を購入する際のポイントを挙げましょう。

(1)その物件の価格は適正、若しくは割安か?
(2)その地域は将来発展するのか?
(3)その物件周辺に限ってみると有望か?
(4)その物件でどのくらい融資を引けるのか?

このようなところが重要になってきます。

特に、適正若しくは割安で物件を購入することが、不動産投資では特に大事なポイントになります。

しかし、ここであなたはこう思っているかもしれません。
適正価格ってどうすれば分かるんだ?と。

物件の適正価格は、いま注目している物件の周辺物件の価格を平均しても参考にはなりますが、正確な値は得られません!

というのも不動産は、立地により収益性が全く異なるからです。
たった数百メートル離れただけで、家賃が数倍違う例など、いくらでもあります。

例えば、表参道に面したブランドショップと、その裏手の路地にある店の家賃は坪単価にして10倍以上の開きがあるはずです。
その距離は数十メートルしか離れていなくても、全く収益性は変ってくるのです。
それが不動産の特性です。

街の収益性、物件周辺の収益性、物件の収益性

この3つを適正に把握しておくことが必要です。


そのための第一歩は、
とにかく多くの物件情報に触れることです。

実際に一件成約にいたるまでには
1,000件の物件資料をみて、
100件は実際に物件を見にいき、
3件の買い付け申込みをし、
1件成約に至る
というのが、いままでの多くの不動産投資家が行なっていることです。


物件の資料は様々なところで入手が可能です。
新聞折込チラシ、不動産屋、インターネットなどから得られます。

そこで最も入手しやすいインターネットから物件資料を取得するということを実践してみましょう!!

とはいえ、不動産投資が全く初めての場合は、まず最初の障壁はこの物件資料を請求することなのだと思います。

おそらく、不動産会社に資料請求すると、後々しつこい勧誘が続くのではないかと思い躊躇してしまうのでしょう。

しかし、それこそ、いらぬ心配です。

その理由をお伝えする前に、不動産屋さんの成約率ってご存知ですか?

昔から言われているのは、1,000件の物件を紹介して、3件成約すればいいほうなのです。そんな超〜低い成約率から不動産屋は『せんみつや』と呼ばれていました。

そのうえ、最近のインターネットの登場で、この成約率は激減しているそうです。インターネットから資料請求してきたお客さんの成約率は恐ろしく低くて、10,000件の物件を紹介して、3件成約というレベルまで成約率が落ち込んでいるそうです。
そんな実情から業者間ではこの業界は『まんみつや』だと言っているほどです。


つまり、インターネットで資料請求してきたお客さんに対して、不動産屋はあまり期待していないというのが実情です。
そんな成約率の低いお客に対して、一生懸命フォローの電話を入れたり、別の物件を紹介する勧誘電話をしたりする業者は、ほとんどいません。

何かいい物件があったらFAXくださいね。と伝えておいても、1〜2回FAXが送ってもらえたらいい方です。すぐに忘れ去られます(笑)。


実は、近所に何度となく訪れた不動産屋があるのですが、その担当者さんと街中で会うたびに、ご挨拶していますが、そのたびに『はぁ?あんた誰??』というような顔をされます。

本当にきれいさっぱり忘れてくれますよ(苦笑)


特に、不動産投資の場合は、切羽詰っていませんから業者にとっては、いいお客さんではないのです。自分達が住む住居を探している人のほうが、切迫した事情がある人が多く、成約率もいいため、どうしても不動産投資を目的にしている人は、後回しにされやすいのです。

というわけで、不動産投資用の資料を、インターネットを介して請求した場合、不動産屋にとっては、もっとも見込みの低いお客となるわけですから、しつこい勧誘はまず起こりません。

以下は、わたしが普段使っているサイトです。
これ以外にも色々あるので探してみてください。

当サイト「投資用不動産物件の見つけ方 不動産投資情報」のコンテンツ ダイジェスト

今後、続々コンテンツをアップしていきます!

地役権とは 

住宅や不動産における権利の一つに、地役権というものがあります。これは、他人の土地を自分の土地の利益のために使用する権利を

地上権とは 

土地や建物の不動産の所有者は、自らの所有権に基づいてそれを自由に利用して収益を上げたり、場合によっては売却したりすること

建築制限とは 

建物を建築しようとする場合、行政上の手続として建築確認が必要となります。自分の所有している土地で、建築費用も自分で負担す

更地とは 

更地とは、物件や住宅がなく、物理的に空き地な状態であることに加え、その土地を利用するときに、第三者からの介入等一切なく、

宅地とは 

法律上、宅地の定義とは、建物の敷地に供せられる土地をいいます。土地の地目や現況に関わらず、建物の敷地として現に使われてい

公図とは 

公図とは、不動産の取引をする時や、隣地との境界線を確認するときに確認する資料です。 不動産の登記簿の表題部や登記済証、評

空室のリスク 

不動産投資の最も大きなリスクが、部屋の借り手がいなくて部屋が空いてしまうという空室リスクです。 そもそも、不動産投資は借

家賃の不払いなどの管理リスク 

例え、空室リスクに対処できたとしても、借り手にいい加減な人がいると、家賃の不払いや滞納といったリスクが生じます。 しかし

家賃下落のリスク 

新しい物件なら家賃を下げなくても借り手は現れるかもしれませんが、古い物件の場合は、家賃を低く設定しないと借り手が現れない

不動産を維持するリスク 

当然ですが、不動産は時間と共に老朽化していきます。 つまり、不動産の保守・修繕費が発生します。 例えば、給湯器の交換、エ

フラット35とは 

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する、最長35年間の長期固定金利住宅ローンのこと。 金利変

マンションの適正価格を知る方法 

不動産の適正価格を知るための1つの方法として、その物件を他人に貸した際に見込める年間の家賃収入を不動産価格で割った「利回

住宅ローンが返せなくなったら、他人に貸して、家賃収入で返済できる新制度 

日経ネット『ローン支払い困難な場合、賃貸で返済OK 住宅機構が新制度』より 住宅金融支援機構は18日、住宅ローンの利用者

2010年、贈与税の非課税枠が1500万円に 

住宅資金の10年中の贈与、1500万円まで非課税 税調最終案より 住宅を購入するために、親や祖父母などからもらったお金に

目的・こだわりで温泉宿を探すなら温泉LOVE 温泉宿・旅館|ポイントが貯まりやすいクレジットカードならtsutaya wカード|個人事業主の確定申告ならフリーランスの確定申告